長い学生生活を終え、IT企業でSEをしてます。

業務以外の部分での会社での活動や社外でやっている活動、セミナー等に参加しての感想やレポート、思ったことや関心のあることを中心に綴っています。

色々な人に会っての気づき、感銘を受けた本、美術展や映画の感想等も不定期的に更新していく予定です。

コメントはお気軽にどうぞ。
ただし、承認制にしていますので、掲載まで時間がかかる場合もあります。悪しからず。
2012.08.13.Mon スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



| | - | - |

2012.01.10.Tue メタボリズムの未来都市展

 森美術館で現在やっている「メタボリズムの未来都市展」を見てきました。

ちょっと建築家って楽しそうな仕事だなと思ってた時期があったり、一番最初にいた大学で都市計画や材料工法のような建築系の授業を取っていたこともあって、建築関連の展示を見に行くのは結構好きだったりします。

今回の企画展は、特に黒川紀章さんや丹下健三さんといった建築の一時代を築いた方々の作品ということでかなり楽しみにしていきました。

展示は第二次世界大戦の頃から始まり、彼らがメタボリズムの活動を一つの建築として、また都市計画として見せているものでした。

丹下健三さんが戦中から活躍していたのも驚きでしたし、何度も行ったことのある広島の平和記念資料館をつくったのも彼だったということは今回初めて知りました。

建物一つ一つが個性に溢れていますが、特に惹かれたのは都市のデザインでした。
今でもSFの世界のように感じるものを何十年前に彼らは考えていて、実際にコンペに出していたり、一部は実現しているらしいのです。
そこでデザインされる街や建物は、ヒントも色々なところにあって、それが行動の導線であったり、生物学に出てくるゴルジ体だったりして、着眼点が興味深いのです。

戦争によって全てを失った日本を、彼らの思想に基づいた都市として作りあげたら、今頃どういう暮らしだったのだろうと思いながら見るとなお楽しいです。
幸いにも模型だけでなく、映像も駆使してその世界観を表現しているのでそお様子が伝わってきます。
私の祖父は建築家ではなかったのですが、戦後の日本復興に際し、今が都市をデザインする格好のチャンスととらえ、非常に関心を持っていたようで、そんな祖父も同じような時代にどんなことを考えていたのだろうかと展示を見ながら考えていました。

今回思ったのは、建築家ってある種、法律や物理学などの決められた枠の中にありつつも、すごく斬新で、色々な学問と絡みあっている面白い仕事だなと思いました。
あと、後世に残るものを作れるというのは、昔から思っていますが、すごく羨ましいです。

建築の思想とかは正直、ここまでほとんど学んでこなかったのですが、今回のような思想の強い建築を見るとやっぱりそのあたりを勉強したくなりますね。

展示は1月15日まで。ご興味のある方はお早めに。


| 23:44 | comments(0) | Museum |

2012.08.13.Mon スポンサーサイト



| | - | - |


Comment











Trackback

この記事のトラックバックURL: http://for-my-future.jugem.jp/trackback/108