長い学生生活を終え、IT企業でSEをしてます。

業務以外の部分での会社での活動や社外でやっている活動、セミナー等に参加しての感想やレポート、思ったことや関心のあることを中心に綴っています。

色々な人に会っての気づき、感銘を受けた本、美術展や映画の感想等も不定期的に更新していく予定です。

コメントはお気軽にどうぞ。
ただし、承認制にしていますので、掲載まで時間がかかる場合もあります。悪しからず。
2012.08.13.Mon スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



| | - | - |

2012.03.27.Tue 社会人1年目の終わりに

 昨日の飲み会も楽しかったし、またここに日を改めて書こうと思いますが、今日は1年目の最後にふさわしい飲み会があったのでそのことを。

情報系でも何でもない私がITという世界に飛び込み、2か月ちょっとの研修を終え、配属されたところでの仕事をずっとしていて、もうすぐ1年が終わろうとしています。

自分が望んで選んだ部署ではなかったけれど、たぶん自分が望んでたものより恵まれた環境があるなと今は思っています。その一番大きいところが、一緒に仕事をしている先輩。
その先輩と先輩の同期の方と、私の会社同期と私の大学院の同期と私の5人で飲んできました。

一緒に仕事をしてる先輩も、日頃から色々話をしてくださるのですが、その先輩と同期の方(仕事を通しては関わりないけど、以前から知ってる方です)が飲みながら話してくださったのがすごくいい話で、1年目の終わりまであと少し、2年目をどう過ごすべきかを示唆してくださった気がします。

「とりあえず仕事が来たら引き受けろ。そうやっていく中で、自分のキャパを広げていくしかない。ただ、頼んで逃げる人もいるから、引き受ける時は頼んだ人も巻き込むこと。」
「仕事を待ってるなんて、ナンセンス。やりたいことに挑戦して、自分で仕事を作っていくべき。ただし、報・連・相はしっかりすること。」

1年目の終わりに差し掛かって、ちょうど仕事も今落ち着いているタイミングで私自身はそこまで切羽詰まった状況にはいないのですが、まだまだ仕事をこなしていかないと成長できないなと思いました。
尊敬する先輩は2年目の頃、ガツガツ仕事してたらしく、その時にやってた仕事が今のメインに繋がってるそうです。勝負の年なのかもしれない、と思いました。

そして、その先輩に前々からよく、「何がやりたいの?」と聞かれていて正直、これ!って言えることもなく来ていたのですが、「いざとなったら、責任は自分が取るから。最初数年は色々やって失敗したらいい」と今日言われました。
自分で仕事を作り出して、やりたいことを見つけて行かないとなと思いました。たぶん、今以上に先輩に迷惑をかけることになるんだろうけど、それでも私が何かに挑戦していくほうがきっと先輩も報われるんだろうなと。

1年目、振り返ると甘えも結構あった気がしています。2年目では許されないようなことも色々と。でも、1年の終わりに、数年後のあるべき姿のような先輩たちの話を聞けて、本当に良かったです。

先輩たちのせっかくの話を活かすのは、私自身の行動だと思います。
もっと積極的に、失敗を恐れず取り組んでいく2年目にしたい。


| 01:01 | comments(0) | Life |

2012.08.13.Mon スポンサーサイト



| | - | - |


Comment











Trackback

この記事のトラックバックURL: http://for-my-future.jugem.jp/trackback/111