長い学生生活を終え、IT企業でSEをしてます。

業務以外の部分での会社での活動や社外でやっている活動、セミナー等に参加しての感想やレポート、思ったことや関心のあることを中心に綴っています。

色々な人に会っての気づき、感銘を受けた本、美術展や映画の感想等も不定期的に更新していく予定です。

コメントはお気軽にどうぞ。
ただし、承認制にしていますので、掲載まで時間がかかる場合もあります。悪しからず。
2012.08.13.Mon スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



| | - | - |

2012.08.13.Mon 5年ぶりの北京

 日中学生会議OBOG大総会のため、北京に行ってきました。
私が北京に行ったのはこれで2回目。1回目は、もちろん現役当時の学生会議での訪問でした。

5年前というと北京オリンピックの前年。
活気に溢れ、国際的に認められる国になろうとしている印象が強かったです。
日本の東京オリンピック前から高度経済成長へとすすむ時代に生きた人ってこういう空気の中生きていたんではないだろうかと想像した記憶があります。

それから5年、どう変化したのはすごく気になるところでした。
結論からいうと前の印象とは結構違うところがありました。

【ゴミが街から減っている】
当時はオリンピックの準備があったこともあると思いますが、ゴミの山が道を歩いているとあちこちにありました。
当時、中国側の学生にゴミ分別の話をしたら、「自分たちが分別したら、彼らの仕事がなくなってしまう」ということをいう人もいましたが、分別まではいかないまでも少しずつ意識が変わってるのかなと思いました。

【エスカレーターの右に立つ人が増えた。地下鉄の乗り降りも楽になった。】
当時は、エスカレーターに乗っていても、後ろの人を先に通してあげるという概念がなかったのか両側に立っていることが一般的でしたが、結構右側が止まっている人、左側が急いでいる人というふうになっていて驚きました。
ちなみに、私が日中学生会議で行っていた時は、エスカレーターのマナー徹底のため、地下鉄などのエスカレーターには、「立ち止まるのは右、左は人を通すようにしましょう」みたいなことが書かれていたのですが、北京オリンピックを経て、定着しつつあるようです。
また、似たような話だと、地下鉄などの乗り降りも以前に比べ、降りる人を待ってから入るようにシフトしつつあるのか、意外と乗りやすかったです。

あとは町の雰囲気がなんとなく落ち着いたような気がします。
オリンピック前の熱気はなく、もちろん新たな開発などは進んでいるようですが、街もそこにいる人々も、追いつけというアグレッシブさは感じられませんでした。
国が成長して行くということはこういうことなのかもしれませんね。

本当は何度か間に行きたいと思っていた中国でしたが、行かなかったことで、5年という時間の変化に気づけた気がします。
でも次回は5年後じゃなくて、もう少し前に足を運びたいです。


| 21:14 | comments(0) | around China |

2012.08.13.Mon スポンサーサイト



| | - | - |


Comment











Trackback

この記事のトラックバックURL: http://for-my-future.jugem.jp/trackback/114