長い学生生活を終え、IT企業でSEをしてます。

業務以外の部分での会社での活動や社外でやっている活動、セミナー等に参加しての感想やレポート、思ったことや関心のあることを中心に綴っています。

色々な人に会っての気づき、感銘を受けた本、美術展や映画の感想等も不定期的に更新していく予定です。

コメントはお気軽にどうぞ。
ただし、承認制にしていますので、掲載まで時間がかかる場合もあります。悪しからず。
2012.08.13.Mon スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



| | - | - |

2010.03.14.Sun インプットな1日

家に引きこもってたわけじゃないけど、気づけばインプットな1日でした。
大学院の特別講演では、グローバル化やプロジェクトマネジメントの話などを改めて考え直すような提起があったし、その後の友達との飲み会でも面白い話を色々インプットできました。


まずは、大学院の特別講演。
日立製作所で勤務され、日立データシステム社や日立グローバルストレージテクノロジー社の社長を経て、日立製作所の研究開発本部技師長をされていた成瀬淳氏が「技術者の生き方について」というテーマで講演をされました。

確かに技術者だったのですが、印象としてはたまたまバックグラウンドが機械工学とか物理工学だっただけで、経営者ってほうが強く感じました。

グローバル化やプロジェクトマネジメントの話がメインで、途中受講者向けに質問を投げかける場面もありました。

真のグローバル化とは、対海外の行動というより、自分の壁をいかに砕いたり、多様性を受け入れるかみたいな部分にあるようです。もちろん英語ができるってことを無視はできないそうですが。
グローバル化なんて簡単にいうけれど、よくよく考えてみるとそもそもどういう状態なのか、確かにあいまいなままだなと思いました。

プロジェクトマネジメントは仕事をされるなかで気づかれた経験則についてお話がありました。
この話は学部時代にやっていた学生団体とかそういうのに当てはめても分かる部分が多くて、共感できました。

スティーブ・ジョブズが成瀬さんに電話してきたエピソードはなかなか面白かったです。
スティーブ・ジョブズとやりあう日本人がいたことにもびっくりでした。

成瀬さんは、色々なものに対して好奇心旺盛で、歴史も古典も引っ張ってきた話をされていました。
文系理系の区分ってナンセンスだという友達がいるし、自分でも分かってるつもりではあったけど、分野に偏らない生き方をしてる大人の方がいることが分かったのは大きな収穫でした。

古典っていうものをほとんど避ける状態で来てしまったのですが、今日の話を聞いていたら、やっぱり読まなきゃなあと思いました。まずは、デカルト読んでみます。


そして、講演聞き終えて、そのまま新宿へ。友達を引き合わせるのを久々にしました。

前々から、面白い人に会いたがっていた友達に、きっとこの人を紹介したら面白いことが起こるんじゃないかと思った友達を会わせました。なんか感覚似てるんじゃないかなと思ったのと、それぞれの違いが両方に対して何らかの影響を与えるだろうと思っていましたが、予想的中。

話し始めてすぐに意気投合。想像以上に深い話までしてました。
歯車が噛み合って動き始める、そんな感じがします。今後の2人に注目です!
何か絶対に始まる気がしてます。

当初、その2人と私の3人で飲む予定でしたが、面白い人に会いたがっていた友達が代表理事しているNPOのメンバー(大学生2名)が東京に出てくるってことで、彼らも一緒だったのですが、それぞれ持ち帰るものがあったみたいで、本当に良い会になったなあと思っています。

NPOメンバーの大学生にとっては、たぶん学生時代からガツガツやってきて社会人になってもガツガツやってる、年齢の少し上の、ロールモデルにふさわしい2人が想いをぶつけ合うの見てて、すごく得るものがあったと思います。
正直、社会に出てすぐで、仕事以外の部分でも頑張ってる人に、あの年で会えることがすごく羨ましく感じます。アクションにはならなくても、問題意識を潜在化できなくても、この刺激ってきっとこの先のアクションにつながると思います。私は、その年ごろ、何にもしてなかったので、あの当時の自分がこんなところに居合わせられたら色々変わってたんじゃないかという気がします。

引き合わせた2人はお互い野思いの共有と、情報交換ができたし、お互いの人脈をお互いが補完しあえることが分かったのが収穫と思います。

面白い人として連れてった友達は、NPOメンバーの大学生に「理想です」って言われてたので、もう次回会った時にもやっぱり理想って思われるように頑張らなきゃいけない状態に追い込まれたみたいです。

私は何を提供できたのかというと、面白い友達を引き合わせただけで、イマイチ何の役に立ったか分からないけど、もらったものとしては、友達2人からは私が引き出せてなかったエピソード、大学生からは私がどう映ったかというフィードバックですね。

帰りに2人からメールが来てました。
とりあえず両者に満足してもらえたみたいなので、良かったかなと思っています。

こうやって人を引き合わせるのって本当に面白いと思います。
今度は誰を会わせようかな。


| 02:07 | comments(0) | Life |

2012.08.13.Mon スポンサーサイト



| | - | - |


Comment











Trackback

この記事のトラックバックURL: http://for-my-future.jugem.jp/trackback/65