長い学生生活を終え、IT企業でSEをしてます。

業務以外の部分での会社での活動や社外でやっている活動、セミナー等に参加しての感想やレポート、思ったことや関心のあることを中心に綴っています。

色々な人に会っての気づき、感銘を受けた本、美術展や映画の感想等も不定期的に更新していく予定です。

コメントはお気軽にどうぞ。
ただし、承認制にしていますので、掲載まで時間がかかる場合もあります。悪しからず。
2012.08.13.Mon スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



| | - | - |

2010.09.07.Tue KINGが与えてくれたもの

「KINGは単なるビジコンではない、ここからがスタートです。」
こういう話をおそらくどの回の実行委員長も閉会式で言ってるように思います。

これは、「まさしく」と思っています。というのも、たかだか一週間で学んだビジネスは、やはり付け焼刃に過ぎないし、実際にビジネスをやることとは異なると思っています。

では、KINGで得られるものは何かということになりますが、最初に参加した時に得られたのは、一歩踏み出すためのパワーというか思考と行動のギャップの埋め方のヒントだったように思ってます。

というのは、もともと社会問題等に対する問題意識はあったのですが、それをどうすればいいかという部分まで踏み込めてなくて、いずれ社会にでも出たら何か動けばいいかなというスタンスでいました。
KINGに参加するまでは、ほぼ学内で完結した生活を送っていたのが実情です。

ただ、KINGに参加して、そういう問題、必ずしもマイナスをプラスにというわけではありませんが、学生でもできることを探してアクションを起こしている人がこうやってたくさんいるのかということを知りました。

それが私の中ではすごく大きくて、じゃあ私も何かしようと思ったし、それをどう動けばいいんだろと迷った時に話を聞いてくれる、またアドバイスをくれる仲間ができたことで動きやすくなりました。
アクションに移すまでって、最初の一歩がすごく難しくて、ただ一歩踏み出してみると、それからは意外と楽な気がします。

そういう意味で最初に参加したKINGはその踏み出す勇気と、踏み出した後のフォロー(踏み出し方のヒントとなる事例や困った時の相談相手など)を得られたと思っています。


KINGから得たものとして、それ以降のKINGについても言えるのは、私自身はあらゆる人との「縁」だと思います。人脈と置き換えたほうが分かりやすいかもしれませんが、私は人脈と言うと機能的な、無機質な印象があるので、「縁」と呼んでます。

コンサルタントはじめ、色々なお仕事をされている社会人であったり、面白い活動をしている学生(スタッフ、参加者問わず)そういう人たちとの出会いの場として、KINGには本当に感謝しています。

社会人の方でいえば、KINGが終わってお礼のメールを送った際、「何かあったら気軽に相談してください」というメールをくださる方がいたり、「一度オフィスに遊びにいらっしゃい」と言ってくださる方がいたりで、KINGの一週間だけでなく、その後に繋がる縁がありました。

また、去年のKINGでいえば、KINGのコンサルに来てくださった方がきっかけで今のインターン先を知り、今現在もその方を含め、そのインターン先で色々ご指導いただいているという経緯もあります。

KINGには本当に、カッコいい社会人の方がたくさんいらっしゃるので、この人のこういうところに憧れるとか、こうなりたいとか見つけて、色々学ばせてもらうのがいいと思います。
という私も、まだまだ積極的に学ぶ姿勢にならないといけないのですが。

全国から集まる120人の参加者と50名弱のスタッフも、大学でのほほんと生きてると会えないような人がたくさんいて、しかもKINGを終えてさらに面白く変化していく人がたくさんいます。

一人だと、がんばろうと思っても、周りが「なんでそんなアクティブなの?」とか、「硬いよね」とか言われていく中で、やる気が減ってしまうことも多いのですが、そんな時に自分よりがんばってる人がいることが目に見える状態っていうのがあると続くように思います。

そういう意味で、どの回にもライバルがいて(私が勝手に思っているだけで、向こうは何とも思ってないのかもしれませんが)、時々メールしたり会ったりするのが私にとってすごくいい刺激になってます。

それ以外にも、KINGで出会ったアクティブな友達からイベントの情報が回ってきたりして、また、さらに縁が広がっていくこともあります。

ただ、これもその最初の部分で誠実に向き合っていること、またそういうイベントに誘いたいと思える人間であること、それがないとそういう話が回って来にくいと思います。

だから、KINGに出ることで得られるそういったものに対して、その偶然を大切にして、次につなげること、繋げていくために努力することが大事だと思っています。
そして、まだまだ努力が必要ではありますが、私なりにそういう努力をしてきたつもりです。

もし、これを読んでくれているKING関係者がいたら、そんなわけでこれからもよろしくお願いします。
今までのありがとうとそしてこれから将来にわたってよろしくお願いします。
将来KINGで出会った人たちと、何かできたらなというのも私の夢の一つです!


最後に。
これは、私の思うKINGが与えてくれたバリューの話なので、もちろん、それぞれに感じることは異なると思いますし、それを否定するつもりはありませんと付け加えておきます。


| 00:53 | comments(0) | Opinion |

2012.08.13.Mon スポンサーサイト



| | - | - |


Comment











Trackback

この記事のトラックバックURL: http://for-my-future.jugem.jp/trackback/70