長い学生生活を終え、IT企業でSEをしてます。

業務以外の部分での会社での活動や社外でやっている活動、セミナー等に参加しての感想やレポート、思ったことや関心のあることを中心に綴っています。

色々な人に会っての気づき、感銘を受けた本、美術展や映画の感想等も不定期的に更新していく予定です。

コメントはお気軽にどうぞ。
ただし、承認制にしていますので、掲載まで時間がかかる場合もあります。悪しからず。
2012.08.13.Mon スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



| | - | - |

2011.03.29.Tue 学生時代の活動2〜JAM

 学生時代の活動として主だったものをまとめた第2弾です。

アカペライベントJAMについて。
正式名称は Japan Accapella Movementという、日本最大級のアカペラストリートイベントです。
ちなみに、立ち上げの中心となったのは、今はRAG FAIRで活躍するおっくんだったりするらしいです(その当時は私も知らないので)。

JAM2005のスタッフとして約1年活動しました。
担当したのは会場セクションで、会場探しで、色々な会場に企画書を持って行ったり、会場が決まればそこでの利用時間やこちらの考える演出をどこまで実現できるか会場との交渉をしたりが主な業務でした。

それ以外には、みんなで協賛企業に協賛をいただくお礼に、協賛企業のイベントのお手伝いをしたり、実際のイベントは10組程度しか出られないので、応募してきたものをスタッフみんなで審査したり、イベントの企画をみんなで詰めて行ったりをしました。

きっかけは、アカペラが好きだったから。
今でも大好きなグループがいるのですが、彼らの歌声でアカペラの魅力を知って、生で聴くのが一番いいし、そういう場が好きだったから、自分もそれを作りたいと思ったという経緯です。
大学に入る前から知ってたイベントで、いつか関わりたいなと思っていて、ちょうど最初から関われるタイミングに入ることができて、コンセプトから最終的なイベントを作り上げるまでに関われたのは非常にいい経験でした。

この時から、イベントを作るって楽しいなということに気づきました。
色々な価値観を持つ人(大学も専攻も違う人たち)と一緒に何かを作り上げることがすごく面白かったし、その価値観のずれがすごく新鮮でした。

ここから、イベント屋の自分が目覚めたり、学外にもっと積極的に関わって行こうと思ったきっかけをもらったりしたように思います。

最近は、あまりこの団体とも関わってないけど、久々にサイトを見たら、今回の震災での義援金集めもしているようでした。
世の中の音楽イベントという中ではあまり認知度はないかもしれないけれど、アカペラが少し分かる人たちには、関西の”KAJa!”か関東の”JAM”が大規模なイベントとして認知されてるので、やっぱりそれなりの責任を背負う団体としてはふさわしい行動なんじゃないかなと思っています。
そして、着々と成長しているんだなとも思いました。

あの頃は、歌う側には立つ気もなかったけど、JAMという舞台に立てるクオリティはないにしても、自分で楽しめる音楽をこれから始めてみるのもいいかもなって思ったりしてます。


| 18:15 | comments(0) | Life |

2012.08.13.Mon スポンサーサイト



| | - | - |


Comment











Trackback

この記事のトラックバックURL: http://for-my-future.jugem.jp/trackback/84